2016年2月19日 (金)

箱装着(ステルス・カブ)

Dsc01802

スーパーカブ100EXに箱を装着しました。
以前、ヤフオクでポチしたFRPの箱。
ようやくデビュー。
苦労して付けましたが、装着位置が前過ぎて背中に当ます、再度後方にずらして装着。
なんとか我慢できる位置に。
(無駄な穴を開けてしまった。)
位置をずらすに当たりステーもホームセンターに購入しに走りましたが、結局は付属のステーを加工して装着。
「又捨てに捨てられない金物を増やしてしまった。」
別名:ステルス・カブ
Dsc01804
これで、何処へ行っても目立たない乗り物一丁上がり。
Dsc01806
これに乗ってたら誰も私だと気づかないと期待。
でも、ヘルメット・・・カブには合わない。

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

チョット気になる所を弄りました。

特に修理する必要も無く走りだしたスーパーカブ100ですが、気になる所があって寒いけど交換しちゃいました。

もうすぐ手が汚れるようなこと、やってられませんから。
経年劣化でゴム類はカチカチです。
前回の画像。
Dsc01649
キャブが茶色く汚れ、汚れが固着しています。
茶色く汚れると言う事は、ガソリンが滲んでると思っていいでしょう!。
キャブを開けて、MJとPJの番手を調べた時に、パッキンのゴムがカチカチで早い内に交換しなくちゃと気になっておりましたが、昨日から始めました。
二日目(本日は天気も悪いし、寒く最悪。)
Dsc01736a
今回交換を決意したのはタンクの中に少し錆を発見して、「タンクも、どーにかせにゃ!」と思っていて、ガソリンが少なくなった時を狙ってました。
フエールメーターの針が赤いところに来ていたのでガソリンを抜いて見たら、600cc程まだ残っていました。
Dsc01729a
2Lのペットボトルに取ったらこの位残ってました。
リザーブが付いてないので、メータの針が赤い所い来たら給油が必修ですね。
Dsc01731a
タンク外しました。
Dsc01734a
今回、MJを#72から#75に変更。
これで全開時のスピードアップを期待します。
Dsc01735a
ニードルは上から4番目でした。
Dsc01741a
キャブも一晩錆取液に漬け汚れを落とし、パッキン類の全て交換しました。
タンクの錆も花咲Gに一晩したしたので、しばらくは大丈夫かと!
・・・・
無事、ネジが余る事無く復元できました。
全開時の最高速を確認いたしましたが、バイパスで80kを確認。90は行って欲しいよなー。
メーターには4速で90まで線が延びてるんだから・・・
風が強かったのでまた天気のいい日に挑戦。
今日は体が冷えたのでここまでで終了。

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

これって仕様?、スーパーカブ100EX編

これって

仕様なんんでしょうか?
ハーレと同じかと思いましたが、
OFFにする為に又キーを差し込まなければならない。
もしかしてタダの板きれでキーが回ったりするのかも。(ーー;)

| | コメント (2)

2015年12月 1日 (火)

吸気系の確認 スパーカブ100EX編

バッテリーを交換したら普通に走るんでやらなくてもイイかと思いましたが、やっぱり気になるんでエアークリーナとキャブの確認。

3分割のレッグカバーを外して、なんとかエアークリーナーBOXの蓋を外すと、
案の定、スポンジは
Dsc01655a
形が無くなってました。
取りあえず、買い置きしていた汎用のエアーフィルターを適当な形にカットして装着。
次は、キャブ!
外観はトンデモナク汚れていますが、中は、
Dsc01656a
茶色い粉が沈殿してますが、固着していないのでパーツクリーナーで吹きとばして、キャブのストレーナーも汚れていたけどクリーナで吹きとばして完了。
パッキン類も交換したかったけど手持ちが無かったので次回に、・・・
Dsc01657a
メインジェットの確認(#72)
Dsc01658a
パイロットジェット(#42)
もっと大きいキャブだと思っていましたがPB16のようですね。
チョット複雑、キャブ交換したくなってきた。

| | コメント (2)

2015年11月30日 (月)

増殖した。  (スパーカブ100EXが来た)

チョイ乗りに活用している、スパーカブ70!

これでノンビリ走るのも気持ちのイイものですが、
Dsc01650
国道を走るにはチョット、スポーツ走行を強要されます
ちょっとでも流れに乗ろうとして、各ギアーで引っ張って気持ちのええシフトアップを決めて次の信号まで気分はGPレーサー!(それでも軽トラに抜かれる)、と楽しんでおりましたが。
とある某リトル株に乗らして頂いた時に目から鱗が、・・
それから、ボアアップもイイかも・・・
ボアアップしたらマフラーも、キャブも、ギアー比は・・・
でも、ノーマルのトコトコ感も捨てがたいと、
と、なんだかんだと考えていましたらとある所に、カブ100が、・・・・
ポッチってしまったら、そのまま落札。
70をボアアップ+ヘッド交換するのとほぼ同じで、・・・・
昨日、取りに行ってきました。
Dsc01646
嘘か誠か、カブでこの走行距離はまだまだ一番ええ時かと、

Dsc01635
リアタイヤはまだまだ行けます。

Dsc01636
フロントタイヤもまだまだ大丈夫。
Dsc01611
ええ感じに汚れています。
Dsc01612
右側に隙間が、・・この位は問題なし。
Dsc01615
エンジンの汚れは一度も掃除をしたこと無かったような感じ。

Dsc01649
キャプも凄い汚れ、アイドリング調整なんかした事無いような感じ。
Dsc01633
バッテリーは見た事あるようなバッテリー。
既に弱ってますので使わずに置いてあったリチュームイオンバッテリーに交換。
無事、セルで一発始動も確認。
エアークリーナーの状態も確認したいけど、オイル交換、タイヤのエアー確認、タンクの中の状態を確認して、シートの裏を見たらこんなものが!・・・
Dsc01625
¥185000 H7 10 6
今から20年前、1995年秋。
受け渡し時に聞いた話だと、祖父が乗っていたらしい。
ワンオーナーと言うのも、その時分かった。
ネットで調べると、ホンダ・アーカイブにはキャリア付きのスーパーカブ100は1995年2月20日発売とある。(それ以前はWシートタイプ)
価格は¥215,000-
14%引きで購入か?
ワンオーナーと言うのは本当かも知れない。
走行インプレッションはまた後ほど。<(_ _)>

| | コメント (0)